平昌五輪を最大利用 金正恩が仕掛けてきた揺さぶりの狙い

公開日: 更新日:

 平昌五輪が近づき北朝鮮の動きが慌ただしい。韓国で公演する芸術団「三池淵管弦楽団」が貨客船「万景峰号」で到着し、この船で宿泊するという。先月、視察隊としてやってきた芸術団の玄松月団長が美形なことからか、公演チケットに応募が殺到。5日、韓国統一省はソウル公演の一般客の枠を500席から1000席に倍増させた。

 そんな中での「万景峰号」寄港通知である。韓国は独自制裁で北朝鮮船舶の寄港を禁止しているが、五輪を成功させるという観点から、今回は「例外措置」として許可する方向で検討している。

「北朝鮮が例外を突破口に制裁のなし崩しを狙っているのは明らかです。例外を『前例』とし、観光交流や工業団地の復活などにつなげていこうとしているのでしょう。朴政権時代の2013年に韓国は禁止船舶の寄港を特例で認めたことがある。それも前例扱いになっています」(コリア・レポート編集長・辺真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る