• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焦るトランプが指示 平昌に飛ぶイバンカの“ミッション”

 南北融和の舞台と化している平昌五輪をめぐり、米韓の駆け引きが激化している。トランプ米大統領の要請で、長女のイバンカ大統領補佐官が閉会式に出席。米代表団を率いるという。前のりして複数のイベント参加も検討されている。1月に〈冬季五輪への準備はできているわ〉とツイートしていたイバンカのミッションは旋風を巻き起こし、北朝鮮美女軍団に籠絡されつつある韓国世論の引き締めだ。

 国際ジャーナリストの春名幹男氏はこう言う。

「イバンカ氏はホワイトハウス最強の人気タレント。現地入りさせれば、北朝鮮代表団へ向かう関心を奪い、注目を集められるとの算段でしょう。過去のアジア大会での熱狂と比べれば落ち着いているとはいっても、玄松月団長が率いるサムジヨン管弦楽団の動向は注目の的です。五輪を契機に韓国世論の懐柔を狙う金正恩朝鮮労働党委員長と、南北対話の進展を目指す文在寅大統領の思惑通りに進めば、北朝鮮を弱体化させる日米のもくろみはオジャンになる。イバンカ派遣はトランプ氏の焦りの裏返しとも言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る