平昌五輪で注目 金正恩妹とイバンカ会談は実現するのか

公開日: 更新日:

 17日、北朝鮮は230人以上の応援団を来月開催される平昌五輪に派遣することを明らかにした。応援団には美女ぞろいの「モランボン楽団」も含まれるとみられている。平昌五輪のもうひとつの注目は、金正恩委員長の妹・与正とトランプ大統領の愛娘イバンカとの“ロイヤルファミリー会談”が実現するのかどうかだ。

 金委員長は平昌五輪で、国際社会に「平和攻勢」を仕掛け、制裁逃れと外圧の弱体化を狙っているとされる。そのためのカードのひとつが“美女軍団”の派遣だが、もうひとつのサプライズは妹、金与正・労働党宣伝扇動副部長(30)と、北朝鮮の“ナンバー2”金永南・最高人民会議常任委員長の韓国への派遣だ。

「与正は金委員長の実妹。父の金正日総書記に『与正が男だったら……』と言わしめたほど聡明で大胆な性格といわれています。兄の信頼も厚く、昨年10月、朝鮮労働党の中枢メンバーである政治局員候補にも抜擢されました。与正が平昌五輪に出席すれば、韓国全体が騒然となるはずです」(北朝鮮専門家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る