美女軍団も政治人形…平昌初日のハイライトは金正恩の妹

公開日:  更新日:

「やっぱりな……」という一日だった。

 開会式当日(9日)午後4時すぎ、金浦空港の平昌五輪案内デスクにチケットの販売状況を聞いてみた。職員は開会式のA席(150万ウオン=約15万円)とB席(80万ウオン=約8万円)、C席(60万ウオン=約6万円)が売れ残っていると教えてくれた。

 4時間後の開会式を見ると、テレビ中継ではわかりづらかったが、会場には空席が目立っていた。

 開会式そのものは、バルセロナ五輪男子マラソン金メダルのファン・ヨンジョや女子プロゴルファーのパク・セリ、プロ野球選手イ・スンヨプら、韓国を代表する元アスリートが韓国の国旗「太極旗」を持って入場。

 会場での最終聖火リレーではリオ五輪女子ゴルフ金メダルのパク・インビらが登場、最後に女子アイスホッケーの南北単一チームの南北代表2人が最終聖火者のキム・ヨナに手渡すという演出だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る