野党が籠池被告と大阪で接見 新たな“隠し玉”は出るのか

公開日:

 弁護士以外との面会は約8カ月ぶりだ。話したくてウズウズしているに違いない。立憲民主など野党6党が、大阪拘置所に勾留されている「森友学園」前理事長の籠池泰典被告と接見することが決まった。早速、23日は立民の川内博史常任幹事会議長、希望の今井雅人国対委員長代理、共産の宮本岳志衆院議員が、26日は民進の矢田稚子参院国対副委員長、自由の森裕子参院会長、社民の福島瑞穂副党首がそれぞれ面会する。

 6党は、財務省の決裁文書改ざんを受け、あらためて籠池被告にも事実関係を確認する必要があると判断。19日付で大阪地裁に面会申請書を提出した。籠池被告は昨年7月末に詐欺容疑で逮捕されて以降、親族らが接見を求めても、裁判所は〈罪証隠滅のおそれあり〉として接見を認めなかっただけに、このタイミングで接見を一部解除したのは異例の対応だ。

「親族などの関係者ではなく、国会(議員)が必要ありと考えて接見解除を申請したために認められたのでしょう」(元検事の落合洋司弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る