新潟県の米山隆一知事が辞意…文春が“女性問題”掲載予定

公開日: 更新日:

 任期を2年半残し、唐突すぎる辞意だ。

 新潟県の米山隆一知事が辞職の意向を固めたという。関係者によれば、今週発売予定の「週刊文春」が米山知事の女性問題を掲載することが理由。同誌の取材を受けた米山知事は16日夜、支援者らと緊急会合を開き、対応を協議。「辞任やむなし」との結論に至ったようだ。民進党など県政与党はすでに後継候補の検討に入った。

 米山知事は2016年10月の知事選で、共産党、社民党、自由党の推薦で初当選。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重だった泉田裕彦前知事の路線を引き継ぎ、自公推薦の候補を破った。就任後は、再稼働の是非の判断に向け、県独自の検証委員会を設置。今年1月には、資源エネルギー庁長官に「国の決定に左右されず判断するのが安全最優先だ」と反論するなど、再稼働に慎重姿勢を続けてきた。

 知事の辞職から50日以内に行われる知事選は、再び政権与野党が激突する可能性が高い。結果次第では原発再稼働が一気に進んでしまいかねない。

 また、米山知事の選挙を含め、新潟では野党共闘の形で、16年参院選、昨年の衆院選で勝利を挙げてきた。米山辞任は野党共闘にも影を落としかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  7. 7

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る