福島原発事故から7年 県が隠したがる甲状腺がんデータ

公開日:

 福島原発事故から丸7年が過ぎた。津波による被災地の復興は少しずつ進んでいるが、放射能問題は深刻だ。甲状腺がんの疑いのある子どもが増え続けているという。甲状腺検査の対象は事故当時18歳以下や事故後1年間に生まれた子どもら計38万人。現在、160人のがんが確定している。

 しかし、これまで福島県の「県民健康調査」で引っかかり、2次検査で「経過観察」と診断された子どもは計2523人に上るという。

 ふくしま集団疎開裁判と子ども脱被ばく裁判の弁護士、柳原敏夫氏が言う。

「経過観察になった場合、そこからがんになる可能性があります。実際、検査で経過観察となった事故当時4歳の男児がその後、甲状腺がんと診断されていたことがありました。しかし、裁判でも、県は経過観察中の子どものうち、〈悪性ないし悪性疑い〉が発見された症例数を明らかにしないのです。する義務はないし、その理由や根拠も説明する気もないという主張をしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る