• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福島原発事故から7年 県が隠したがる甲状腺がんデータ

 福島原発事故から丸7年が過ぎた。津波による被災地の復興は少しずつ進んでいるが、放射能問題は深刻だ。甲状腺がんの疑いのある子どもが増え続けているという。甲状腺検査の対象は事故当時18歳以下や事故後1年間に生まれた子どもら計38万人。現在、160人のがんが確定している。

 しかし、これまで福島県の「県民健康調査」で引っかかり、2次検査で「経過観察」と診断された子どもは計2523人に上るという。

 ふくしま集団疎開裁判と子ども脱被ばく裁判の弁護士、柳原敏夫氏が言う。

「経過観察になった場合、そこからがんになる可能性があります。実際、検査で経過観察となった事故当時4歳の男児がその後、甲状腺がんと診断されていたことがありました。しかし、裁判でも、県は経過観察中の子どものうち、〈悪性ないし悪性疑い〉が発見された症例数を明らかにしないのです。する義務はないし、その理由や根拠も説明する気もないという主張をしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る