福島原発事故から7年 県が隠したがる甲状腺がんデータ

公開日: 更新日:

 福島原発事故から丸7年が過ぎた。津波による被災地の復興は少しずつ進んでいるが、放射能問題は深刻だ。甲状腺がんの疑いのある子どもが増え続けているという。甲状腺検査の対象は事故当時18歳以下や事故後1年間に生まれた子どもら計38万人。現在、160人のがんが確定している。

 しかし、これまで福島県の「県民健康調査」で引っかかり、2次検査で「経過観察」と診断された子どもは計2523人に上るという。

 ふくしま集団疎開裁判と子ども脱被ばく裁判の弁護士、柳原敏夫氏が言う。

「経過観察になった場合、そこからがんになる可能性があります。実際、検査で経過観察となった事故当時4歳の男児がその後、甲状腺がんと診断されていたことがありました。しかし、裁判でも、県は経過観察中の子どものうち、〈悪性ないし悪性疑い〉が発見された症例数を明らかにしないのです。する義務はないし、その理由や根拠も説明する気もないという主張をしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

もっと見る