北との対話に尻込み 拉致問題から逃げる安倍首相の二枚舌

公開日: 更新日:

 膠着状態の日朝関係が動きだす兆しが見えてきた。南北首脳会談で文在寅大統領から水を向けられた金正恩朝鮮労働党委員長が、「いつでも日本と対話を行う用意がある」と応じたというのだ。それで解せないのが、「拉致問題は安倍内閣の最重要課題」と言ってきた安倍首相の動きだ。金正恩の発言をとうに耳に入れておきながら言及せず、韓国大統領府が発表するまで頬かむりしていた。一体どういうつもりなのか。

 南北会談の翌日(28日)、安倍首相は文在寅から報告を受けたトランプ大統領と約30分間電話会談。その翌29日は文在寅とも約40分間電話会談し、来日した徐薫国家情報院長から80分間にわたって一連の説明を受けた。その都度、安倍首相はブラ下がり取材に応じたが、冴えない顔色で「詳細な説明を受けたが、詳細については差し控えたい」「詳細は現段階で申し上げられない」などと繰り返し、中東外遊に飛び立った。その後、韓国が「日本と対話の用意」という金正恩の意向をオープンにしたのがコトの経緯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る