史上最低の党首討論 安倍首相の答弁は“ご飯論法”より醜悪

公開日: 更新日:

「党首討論の歴史的使命は終わった」――。立憲民主党の枝野代表がそう振り返った。30日の1年半ぶりの党首討論で安倍首相はスリ替えと時間稼ぎに終始。いま流行の「ご飯論法」をも上回る見苦しい答弁も飛び出した。

「ご飯論法」とは、労働問題に詳しい法政大の上西充子教授が名付けた言い逃れのワザ。「朝ご飯を食べましたか」という問いに「(パンは食べたけど、ご飯=米飯は)食べていない」のように論点をスリ替え、ごまかす答弁だが、安倍首相もこの日、活用した。

 冒頭、森友への国有地売却の「関与」を金品授受に絞ろうとする安倍首相に対し、枝野代表は「急に金品や贈収賄のような限定を付したとすれば、ひきょうな行為だ」と指摘した。安倍首相は、過去に金品授受に触れた答弁が数回あることを示し「急に私が新しい定義を定めたわけでない」と釈明。金品授受の有無にかかわらず関与は問題との趣旨なのに、「急に」という言葉にだけ反応する「ご飯論法」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る