外務省ロシア課長 セクハラで更迭・停職9カ月の“重さ”

公開日: 更新日:

 霞が関のキャリア官僚でまたセクハラだ。

 外務省は、毛利忠敦ロシア課長(49)に「信用を損なう行為」があったとして、国家公務員法に基づき停職9カ月の懲戒処分とし、課長職を更迭した。セクハラとみられる。毛利氏は官房付に異動、当面は相木俊宏欧州局審議官がロシア課長を兼務する。処分と人事発令は4日付。

 外務省は「被害者のプライバシー保護のため詳細は言えない」として事実関係を明らかにしていない。関係者によると、対象は省内の女性。毛利氏は人間関係のトラブルがあったことを同省に対して認めている。

 毛利氏は2017年1月からロシア課長を務め、北方領土をめぐるロシアとの交渉の一線を担っていた。今年5月の安倍晋三首相の訪ロにも同行していた。

 財務省の公文書改ざん・廃棄問題では、“首謀者”とされた佐川宣寿前理財局長は3カ月の停職処分相当、理財局総務課長が停職1カ月の懲戒処分だった。セクハラに厳しい処分は当然だが、それに比べると、国民を1年以上だまし、歴史を書き換える重大“犯罪”行為に停職3カ月は軽すぎるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る