逃す需要は440兆円 日本は北朝鮮復興ビジネスでも蚊帳の外

公開日: 更新日:

「最大限の圧力」から一転、何とか擦り寄ろうと必死らしい。地球儀俯瞰外交の惨めな正体見たりだ。河野太郎外相はきのう(5日)、6~9日の日程で米国を訪問すると発表。12日の米朝首脳会談前に開かれる予定の日米首脳会談(7日)に安倍首相と同席する考えを示した。首相、外相の2人が出席することで、米国に対して北朝鮮の非核化や拉致問題の早期解決を強く訴える狙い――などと報じられているが、冷静に見れば「蚊帳の外」に置かれた日本が焦りまくっているようにしか見えない。

「韓国レベルの繁栄を達成できるよう協力する」。米朝首脳会談を控えた米国が北に対して盛んに呼び掛けているのが、核放棄の見返りとしての経済発展の可能性だ。

「米国の民間企業がエネルギー供給網の整備を手助けできる」(ポンペオ米国務長官)

「できるだけ早期に北朝鮮に対して貿易や投資を開放する準備ができている」(ボルトン大統領補佐官)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  7. 7

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  8. 8

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

もっと見る