消費税撤廃、無駄見直し…マレーシア首相の“有言実行力”

公開日:

 マレーシアに学んだほうがいい――。日本では来年10月から消費税が10%に引き上げられるが、マレーシアでは6月1日から、消費税に相当する物品・サービス税(GST)6%が撤廃された。

 史上初の政権交代を果たし、5月に国のトップに返り咲いた92歳のマハティール首相が選挙公約を実行したのだ。

「GST6%は法人税に次ぐ税収源で、税収の約18%に相当します。438億リンギット(約1兆2000億円)がゴッソリなくなることになります」(経済紙記者)

 大胆な減税は、票狙いの人気取りのようにも見えるが、マハティール氏は“次の一手”を打ち出している。ムダな大型事業の見直しである。

 5月28日、マハティール氏は「多大な費用がかかり、全く儲からない」として、2026年開通予定の首都クアラルンプールとシンガポール間の約350キロを1時間半で結ぶ高速鉄道計画の廃止を表明した。事業費は600億リンギット(約1兆6500億円)だから、撤廃したGST6%の1年分を上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る