消費税撤廃、無駄見直し…マレーシア首相の“有言実行力”

公開日: 更新日:

 マレーシアに学んだほうがいい――。日本では来年10月から消費税が10%に引き上げられるが、マレーシアでは6月1日から、消費税に相当する物品・サービス税(GST)6%が撤廃された。

 史上初の政権交代を果たし、5月に国のトップに返り咲いた92歳のマハティール首相が選挙公約を実行したのだ。

「GST6%は法人税に次ぐ税収源で、税収の約18%に相当します。438億リンギット(約1兆2000億円)がゴッソリなくなることになります」(経済紙記者)

 大胆な減税は、票狙いの人気取りのようにも見えるが、マハティール氏は“次の一手”を打ち出している。ムダな大型事業の見直しである。

 5月28日、マハティール氏は「多大な費用がかかり、全く儲からない」として、2026年開通予定の首都クアラルンプールとシンガポール間の約350キロを1時間半で結ぶ高速鉄道計画の廃止を表明した。事業費は600億リンギット(約1兆6500億円)だから、撤廃したGST6%の1年分を上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る