防衛省 イラク日報新たに3日分公表も“緊迫の9日間”は欠落

公開日:

 防衛省が存在しないとしていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、同省は21日、新たに3日分の日報を確認したと発表した。公表された陸自イラク日報は計472日分となった。

 公表したのは、2004年7月28日と同12月13日のイラク復興支援群作成の2日分、同2月15日のイラク復興業務支援隊作成分。陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)の外付けハードディスクを再度調べたところ見つかった。

 もっとも、同じ2004年で、陸自の宿営地に迫撃砲の攻撃やロケット弾の着弾があった9日分の日報は相変わらず欠落したまま。

 同省は今後も確認を続けるというが、「緊迫の9日間」の日報が見つからない限り、「日報隠蔽問題」は幕引きにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る