• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

全国紙の経済記者を経て独立。豊富な人脈と経験、知識を生かし、経済事件の裏側をえぐったり、経営者を論評する名著が多い。「企業舎弟 闇の抗争」「創業家物語」「ネットバブル」など。経済記者の大御所である。

住友林業<下>住宅事業で同グループの住友不動産と競合

 世界遺産の「仁和寺」(京都市)は、境内にある空き家だった旧家屋「松林庵」を「高級宿坊」に改築した。1泊100万円(税別)で、訪日富裕層をターゲットにする。住友林業グループが改修した。

 住友林業は2017年12月、民泊事業に参入した。民泊の仲介や運営を手がける百戦錬磨(仙台市)と提携し、中古マンションを取得、民泊として活用する。21年度末までに100億円を投資し、物件を揃える。

 住友林業は住友グループの祖業である別子銅山の公害対策の植林事業から派生した企業だ。1691(元禄4)年、住友家の別子銅山開坑に伴い、周辺山林の立木の利用を始めたのがルーツ。

 戦後の財閥解体で、林業部門は6社に分割されたが、1955年、再結集して住友林業が誕生した。広大な山林を保有して林業を営む国内有数の土地所有者である。木材を活用すべく木造住宅に進出。64年に分譲住宅、75年から注文住宅の営業を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る