有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

住友林業<下>住宅事業で同グループの住友不動産と競合

公開日:

 世界遺産の「仁和寺」(京都市)は、境内にある空き家だった旧家屋「松林庵」を「高級宿坊」に改築した。1泊100万円(税別)で、訪日富裕層をターゲットにする。住友林業グループが改修した。

 住友林業は2017年12月、民泊事業に参入した。民泊の仲介や運営を手がける百戦錬磨(仙台市)と提携し、中古マンションを取得、民泊として活用する。21年度末までに100億円を投資し、物件を揃える。

 住友林業は住友グループの祖業である別子銅山の公害対策の植林事業から派生した企業だ。1691(元禄4)年、住友家の別子銅山開坑に伴い、周辺山林の立木の利用を始めたのがルーツ。

 戦後の財閥解体で、林業部門は6社に分割されたが、1955年、再結集して住友林業が誕生した。広大な山林を保有して林業を営む国内有数の土地所有者である。木材を活用すべく木造住宅に進出。64年に分譲住宅、75年から注文住宅の営業を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る