セキセイ西川雅夫会長<1>開発したボールペンがサミットで

公開日:

 2年前の伊勢志摩サミットでは、各国首脳が使用する筆記具として輪島塗のボールペンが用意された。サミットで備品として使われるのはそれだけで名誉なこと。そのため、自社製品を使ってもらおうと数多くの筆記具メーカーが候補として名乗り出た。その中から輪島塗のボールペンを選んだのはホストを務めた安倍首相。安倍首相は輪島塗の深みのある黒を見て「これは別格だね」と言ったという。

 この輪島塗のボールペン「雅風」を作ったのが、大阪の文具メーカー「セキセイ」だ。現在はアルバムやファイルなどを製造しているが、戦後間もなくはペン軸が主力商品だった。それもあって2代目で現会長の西川雅夫はペンに対する思いは強く、たまたま数年前に夫婦で訪れた石川県で輪島塗のボールペンがないことを知り、商品化を決意した。1本5万円することもあり、発売当初は苦戦したが、サミットで採用されてから人気に火が付き、今では月に100本が売れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る