• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池知事は安全宣言も…記者は見た“豊洲地下に謎の水染み”

投稿日:

 会見後、平田氏に水染みの写真を見せると、しばらく「う~ん」とうなった後に「地下水が染み出したものか、写真だけでは何とも言えない。空気の安全性に問題はないでしょう」と語った。

 雨水が流入する限り、地下水位は上がる。平田氏は「市場に人が出入りする以上、地下水管理は永久に必要」だと言う。追加工事費は38億円に上り、豊洲市場の汚染対策費は総額897億円まで積み上がった。開場後も今回のように地下の水染みやコンクリートのひび割れが見つかるたび、補修費はかさみ、地下水管理の維持費も含めて年間数億円かかる見込みだ。

 豊洲市場は結局、汚染まみれで永久の「カネ食い」施設ということ。生鮮市場として使うこと自体ムリがあるのに、その代償コストとして年間数億円は妥当な額なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る