溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

高山若頭の出所が期限 「6代目山口組」に新たな内紛の動き

公開日: 更新日:

 3派に分裂した山口組の中で主流といえば6代目山口組(司忍組長)だろうが、最近、新たな内紛につながりかねない動きが始まった。

 テーマは、誰がどう分裂騒ぎに決着をつけるかである。来年10月ごろ、高山清司若頭が懲役を終え、東京・府中刑務所を出所する。高山若頭が分裂騒ぎに決着をつけられるとは思えないが、もし高山若頭が決着をつけられたならば、司組長は「無能の組長」として引退し、高山若頭に7代目組長を譲らざるを得ない。

 そうでなくても、高山若頭は4000万円恐喝事件で最高裁に上告しながら、急に上告を取り下げ、あっさり服役した経緯がある。わざわざ上告を取り下げた理由は何か。さっさと服役をすませ、出所後、司組長から組長の座を禅譲するという約束を取り付けたからとみる向きが多い。

 しかし、山口組の組長は終身が原則である。しかも高山若頭は司組長より5歳若いとはいえ、脊椎の病気で背が曲がり、自立歩行さえおぼつかない。余命もおそらく司組長の方が長いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る