• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6行が融資上限に抵抗 今やカードローンは銀行の“命綱”に

 5年を超える日銀の異次元金融緩和に苦しむ銀行業界。金融庁の遠藤俊英長官は22日、ロイターのインタビューで「今の状況の中で、金融機関はどういうビジネスをやっていくか模索しなければいけない。あまり日銀のせいにしてもしかたがない」と銀行の自助努力を強調した。

 ATM削減やIT化などの業務効率化、手数料引き上げに各行取り組んでいるが、これらは事業そのものではない。この間、金融機関が頼りにしてきたのは外債、不動産、カードローンだ。

「外債は、ベネズエラやトルコに見られるようにリスクの高さが際立っていて、当面は距離を置かざるを得ない。不動産も一時の過熱状態からクールダウンの局面に入っている。投資の魅力は薄まっている。多くの金融機関が最後ないし唯一のよりどころにしているのはカードローンです」(金融関係者)

 銀行カードローンの活況ぶりはすさまじい。金融庁作成の「国内銀行のカードローン等残高の推移」によると、カードローン残高は2010年度末の3兆2554億円から見事な右肩上がり。17年度末は5兆8186億円まで膨らんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る