がん研究は門外漢 本庶佑氏は“素人の突破力”でノーベル賞

公開日: 更新日:

 今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に京大特別教授の本庶佑(76)が選ばれた。

 がん治療に「第4の道」を開いた衝撃の新薬に結実した研究成果が受賞の理由だが、本庶氏はがん研究の門外漢。いわば“素人”ががん治療に革命をもたらしたのだ。

 本庶氏の成果は、がん免疫治療薬「オプジーボ」につながった。森喜朗元首相の肺がん進行を抑えたことで知られる。正常な細胞を傷つけず、あらゆるがんに対応できる“奇跡の薬”を生み出したのは本庶氏の逆転の発想だ。

 従来の「がんの免疫治療」は、人間が本来持つ免疫細胞の攻撃力を活性化させ、がんを撃退する方法を模索したが、免疫強化にとらわれて、100年間うまくいかなかった。本庶氏の研究グループが着目したのは、免疫細胞のブレーキ役の分子「PD―1」だ。この分子の役割を発見し、この働きを抑え、がんへの攻撃を続けさせる新たな治療薬を小野薬品工業に提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避