室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

森友問題 財務省理財局の“降参”はなぜニュースにならない

公開日:

「認めました!」

(宮本岳志衆議院議員・日本共産党)

 これは宮本岳志さんのキメ台詞。国会で蟻地獄のような質問をし、相手が認めざるを得なくなるところまで追い込んで、観念すると、そう言う。

 嫌味っぽく「お認めになりました!」と言うこともある。相手が嘘つくと「ハハッ」と乾いた嗤い声をあげる。

 鼻眼鏡にして上目使いに相手の弱り方をチラッと観察する姿も、背広の下に着ている地味なチョッキも、昭和の新聞記者みたいで好き。

 共産党は、参議院の辰巳孝太郎議員もいいのよね。若くて、イケメンで、熱血で。

 願わくば、国会でこの2人が一緒になって嘘つきの悪人を追い詰めているところ――若い辰巳がはじめに立って、相手がボロボロになるまで攻めまくる。で、ベテラン宮本がとどめを刺す――が見たいんだけど、衆議院と参議院だからそれは無理か。てか、共産党が続けて質問時間を取れないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る