近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

1泊2万円超 アリババの世界初「完全無人ホテル」物議醸す

公開日: 更新日:

 中国人のいま最大の話題は、「今度の大型連休どこへ行く?」。春節(2月5日)を間近に控え、「14億人の民族大移動」が始まるのだ。

 そんな中で、大きな話題を呼んでいるのが、アリババが地元・杭州(浙江省の省都)のアリババ西渓園区の中にオープンさせた5つ星ホテル「アリババ・フューチャー・ホテル」(阿里未来酒店)。世界初の完全無人ホテルである。

 このホテル、まず驚くのは、1階にフロントがないこと。客はそのままエレベーターを上がり、スマホに提示された部屋の前に立つ。すると、顔認証でドアが、ガチャンと音を立てて開く。部屋に入ったら、客は部屋に向かって話しかければよい。「暖房つけて」「テレビつけて」「カーテン閉めて」……。すべて最新式のAIが対応してくれるというわけだ。

 モーニングコールを頼むと、その時間にベルが鳴るばかりか、カーテンが開き、部屋の電気もつく。ルームサービスや部屋の清掃も、「天猫ロボット」がやってくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る