第三者も“身内”だった やり直し調査にも厚労省職員が同席

公開日: 更新日:

 厚生労働省の統計不正問題で、有識者らでつくる「特別監察委員会」が行った同省職員への聞き取り調査に、宮川晃厚労審議官や定塚由美子官房長ら幹部が同席。「第三者性が確保できていない」との批判を受け、特別監察委が聞き取り調査をやり直しているが、そこにまたしても同省職員が同席していることが分かった。30日のNHKニュースが報じた。

 特別監察委の樋口美雄委員長は、厚労省から年間30億円近い援助を受ける“下請け”機関「独立行政法人労働政策研究・研修機構」理事長。ほかの弁護士ら5人の主要委員は、3年前に同省が創設した内部調査組織「監察チーム」のメンバーで“身内”も同然。これでは、まともな“監察”ができるわけがない。

 一方、30日の朝日新聞によると、厚労省の「賃金構造基本統計」の担当部署が、以前からルール違反の郵送による調査を行っていることを隠し、本来の「調査員調査」から「郵送調査」へのルール変更について総務省に相談していたというから姑息だ。

 やはり、国民が納得のいく本当の第三者委員会に徹底的に調査させ、ウミを出し切るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る