千葉小4女児虐待死にも注目 国連子ども委が日本政府に勧告

公開日: 更新日:

 国連の「子どもの権利委員会」(本部・ジュネーブ)は7日、日本で子どもが虐待などの暴力を受ける事件が頻発していることに強い懸念を示し、日本政府に対策強化を勧告した。

 同日に記者会見した同委員会のサンドバルグ委員は、千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が死亡して両親が逮捕された事件について「起きてはならない残念な事件だ。大人がきちんと反応すべきだった」と指摘。

 子ども自身が虐待被害の訴えや報告をできる制度の創設や体罰の全面禁止、加害者の刑事責任を厳格に追及できる法律の整備などを求めた。

 勧告は「子どもの権利条約」に基づくもの。委員会はこれまでも日本政府に子どもへの暴力禁止策を求めてきたが実現しておらず、日本政府の怠慢について多くの人権団体などが批判している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る