自民・萩生田氏ブチ上げ 内閣人事局が官僚採用権を握る日

公開日: 更新日:

 厚労省「毎月勤労統計」の不正調査の一件。安倍官邸は厚労省のせいにして逃げるつもりだが、どうやらその先も考えている。厚労省のゴタゴタに乗じて、悪名高き「内閣人事局」の権力を増大させようとしているのだ。

 8日の衆院予算委で、安倍首相の愛弟子である自民党萩生田光一幹事長代行は、毎勤問題に関して、厚労省の現場の統計官と管理職のギャップを取り上げた。

「統計官の仕事を分かっている管理職はどれくらいいたのか。過去、遡ったら、統計官から局長になったのは、たった1人。自分たちの仕事を分からない上司の下で仕事をする部下は結構大変ですよ」

 ここまでは、その通りだ。次に、萩生田は役所の採用をやり玉に挙げた。

「(採用された官僚は)自分を選んでくれたとずっと(役所と)つながるから変な歪んだ縦の関係が生じている」として、こう畳みかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  8. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 8

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  10. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る