適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。近著に「国賊論 安倍晋三と仲間たち」、「ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

「大阪人は高コストの劣化商品を押し付けられている」

公開日: 更新日:

 大阪市長候補の柳本顕へのインタビューに戻る。

 ――今回も大阪維新の会はデマをまき散らしている。松井一郎は「大阪市はなくならない」「(反対派は)大阪市がなくなると不安をあおっているだけ」「なくなるのは市役所だけ」と発言。都構想の目的を必死に隠そうとしている。余程都合の悪いことがあるのか?

「維新が勝てば『都構想』で大阪市をなくそうとします。大阪市は廃止・分割されてしまう。法定協議会の資料にも大阪市のHPにもそう書いてある。それなのに、松井さんは〈(大阪市の)土地や街並みがなくなるわけじゃない〉とごまかす。土地が物理的になくなるわけがないでしょう。ホンマに理解できないのは、あれを聞いて〈松井さんすごい。やっぱり、よくわかってる〉と思う人がいることです」

 ――維新は平気な顔で嘘をつく。屁理屈にもなっていない。嘘を延々と重ねて、大阪の住民をだまし「選挙で信任を得た」と言うつもりなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る