適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

「大阪人は高コストの劣化商品を押し付けられている」

公開日: 更新日:

 大阪市長候補の柳本顕へのインタビューに戻る。

 ――今回も大阪維新の会はデマをまき散らしている。松井一郎は「大阪市はなくならない」「(反対派は)大阪市がなくなると不安をあおっているだけ」「なくなるのは市役所だけ」と発言。都構想の目的を必死に隠そうとしている。余程都合の悪いことがあるのか?

「維新が勝てば『都構想』で大阪市をなくそうとします。大阪市は廃止・分割されてしまう。法定協議会の資料にも大阪市のHPにもそう書いてある。それなのに、松井さんは〈(大阪市の)土地や街並みがなくなるわけじゃない〉とごまかす。土地が物理的になくなるわけがないでしょう。ホンマに理解できないのは、あれを聞いて〈松井さんすごい。やっぱり、よくわかってる〉と思う人がいることです」

 ――維新は平気な顔で嘘をつく。屁理屈にもなっていない。嘘を延々と重ねて、大阪の住民をだまし「選挙で信任を得た」と言うつもりなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る