立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

当時の橋下市長に反論 4年前の発言から知る小西候補の気骨

公開日: 更新日:

 4月7日に投開票が行われる大阪府市長選挙。市民の参加を得て候補者の発言やネットの言説を精査するファクトチェックを行っている。その中で把握したネット上のフェイクニュースについては前回書かせていただいた。それについては前回を読んでいただきたいが、大阪府知事選に出ている吉村洋文候補と小西禎一候補とのテレビでのやりとりが切り取られたものだった。

 この虚偽情報を見ると、小西候補はテレビ慣れしていないようだ。また、舌足らずなところもある。吉村候補が、前大阪市長としての知名度に加えて端正な顔立ちをしているので、見た目ではマイナスかもしれない。では、小西候補はどういう人物なのか? 実は私は知らない。調べると、吉村候補ら大阪維新の会をつくった橋下徹氏が大阪府知事だった時の府の幹部職員だった。どういう人物なのか? 当時の議事録をチェックして発言の内容を調べてみた。すると、その内容にうならされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る