立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

公開日: 更新日:

 4月21日に投開票が行われた2つの衆議院補選で、自民党の公認候補がいずれの選挙区でも敗北した。各メディアは、自民党が危機感を募らせていると報じている。ただ安倍政権としては、日本維新の会の新人・藤田文武氏が勝った大阪12区よりも、無所属で野党が支援した屋良朝博氏が勝った沖縄3区の方が痛手は大きいだろう。選挙の焦点が、安倍政権が進めている米軍普天間基地の辺野古移設だったからだ。これで県知事選挙、県民投票に続き、沖縄県民は3度、普天間基地の辺野古移設に反対を表明したことになる。

 敗れた自民党の候補は元沖縄北方大臣で政権与党の強みを売りにしての選挙だった。少なくとも沖縄においては、政権与党をちらつかせて「地域振興」を語るバラマキ政治では勝てないことが明確になった。

 衆議院の沖縄選挙区で自民党が議席を持つのは西銘恒三郎議員の4区だけだ。このまま衆参同日選挙となった場合、その議席も失う可能性が高いだろう。もともと1区が主戦場だった西銘議員が並大抵でない努力で得た選挙区だ。その努力を知っているだけに西銘議員には同情さえ感じる。どのような民意が出ても辺野古の埋め立てを進めるとしている安倍政権も、ここで立ち止まった方が賢明だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る