北朝鮮には秘密施設20カ所 米研究所がICBM複数格納を指摘

公開日: 更新日:

 米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は13日までに、これまで未公表だった北朝鮮の内陸にある秘密基地について詳細な報告書を発表した。

 2017年に発射された大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星14」や「火星13」「火星15」などを格納している可能性があるとしている。

 9日付の報告書によると、基地は「ユサンニ・ミサイル作戦基地」と呼ばれ、首都平壌の北東63キロ、非武装地帯の北150キロに位置する。03年に建設が始まり、16年までに主要施設が完成した。現在は稼働状態にある。

 報告書は、北朝鮮国内にはユサンニ以外にも未公表のミサイル基地や支援施設などが約20カ所あると指摘。

「これらの基地は脅威であり、米朝非核化交渉の対象に含まれるべきだ」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る