伊藤惇夫
著者のコラム一覧
伊藤惇夫政治アナリスト

1948年、神奈川県生まれ。学習院大学卒業後、自民党本部事務局に勤務後、新進党、太陽党、民政党、民主党の事務局長などを歴任。「新党請負人」と呼ばれる。執筆、テレビ・コメンテーターなど幅広い分野で活躍中。

後藤田正晴の危惧が現実に 外交とはゴマスリではない

公開日: 更新日:

「おい君、もしアメリカが日本か中国の、どちらかを選ばなければならなくなった時、どちらを選ぶと思う?」

 もう、十数年前、まだ健在だった後藤田正晴から、いきなりこんな質問を受けたことがある。「同盟関係もあるから日本じゃないですか」と答えると、後藤田はこう言った。

「そうとも限らんぞ。アメリカから見たら中国は13億のマーケット。日本はその10分の1に過ぎない。国家がぎりぎりの選択を迫られた時、何を基準に判断するか。自国の利益、国益だ。外交とはそういう冷徹な論理で動くもの。日本もそのことをしっかり肝に銘じて外交をやらないと」

 後藤田の危惧したことが今、現実の脅威となりつつある。

 来日したアメリカ・トランプ大統領に対する安倍総理の、過剰接待、というか「ゴマすり」ぶりは、見ているほうが恥ずかしくなるほど。「日米は世界で最も緊密な関係」(安倍総理)というより、「日本は世界で最も忠実な米国の僕」であることをそれこそ世界にさらけ出したようなもの。まるで宗主国の君主をお迎えする属国の領主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る