三宅雪子
著者のコラム一覧
三宅雪子ルポライター

1965年3月5日、米国ワシントン生まれ。玉川学園女子短期大学、共立女子大学を卒業後、民放テレビ局に21年間勤務。元衆議院議員。 父は三宅和助元シンガポール大使、祖父は石田博英元官房長官。著書に「福祉と私 ~『支えあう社会』を国政の場から~」

労働弁護士を「北朝鮮ミサイルの黒幕」と妄想する荒唐無稽

公開日: 更新日:

「最近、真剣に自分が過労死するんじゃないかって思うんですよ……」。佐々木亮弁護士はうんざりしながらつぶやいた。佐々木氏は職場内でのパワハラやセクハラ、過労死などを扱う労働弁護士だ。ネトウヨブログ「余命三年時事日記」に懲戒請求対象として狙われた当事者でもある。過剰労働是正を訴える立場にありながら、自らがそうなっていることに複雑な思いがある。

 労働弁護士の日常は想像を絶する忙しさだ。昼食をまともに取れることもめったにないという。2013年にブラック企業被害対策弁護団を立ち上げ、代表になったことで忙しさに拍車がかかった。当然、企業側などの“敵”も多い。だが、意外にも「ネトウヨ」との関わりはほとんどなかった。そう、17年に突然200通もの懲戒請求書が届くまでは。

 懲戒請求者たちは会ったこともない人たちばかり。しかも多くは分別がついているはずの高齢者だった。問題のブログを読んでさらに驚く。そこは荒唐無稽なロジックによる在日コリアンへの罵詈雑言であふれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る