学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

公開日: 更新日:

 お寒い天気のように盛り上がらない参院選。公明の支持母体である創価学会もいまいち動きが鈍い。無党派層が投票所に足を運び、投票率がアップすれば、足をすくわれる公明候補も少なくない。今回の参院選は、安倍政権の悪政をアシストしてきた公明に審判を下す選挙でもある。

「当初から大苦戦が予想されていた兵庫は、全国の学会員が押しかけフル回転ですが、そのあおりも受け、兵庫以外の学会員の動きは鈍い」(政治部記者)

 選挙になると、学会員は知人に電話や訪問で公明候補への投票を呼び掛けるが、「今回は学会員からのしつこい電話が少ないわ」(大阪府民)という。公明党に不満を持つ学会員が造反しているとの噂もチラホラ流れている。

 今年は統一地方選と参院選が重なる亥年選挙。学会員は選挙疲れしている。また、改選11の公明は選挙区7、比例6の13議席を目標にしているが、多くのメディアは目標に届きそうだと伝えている。学会員には兵庫を除いて、楽勝ムードが漂う。改選議席を減らしそうな自民党は、学会の組織をアテにしているから、鈍い動きに大慌てだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る