慎重姿勢の公明党を改憲勢力にカウントするメディアの大罪

公開日: 更新日:

 公明党の山口那津男代表はメディアに抗議した方がいいんじゃないか。

 選挙結果を受け、〈参院で改憲勢力が3分の2に4議席届かなかった〉と報じられている。改憲勢力は、自民、公明、維新などを指すが、ちょっと待った。

 24日付の読売新聞の参院選公示前アンケート調査によれば、憲法改正に前向きな当選者は、自民、維新がほぼ全員だったのに対し、公明は6割にとどまった。公明の当選者14人中、13人が回答した。

 公明の議員全体を改憲勢力に入れるのは間違っている。読売調査に基づけば、公明の改憲勢力は8人だけ。残りの6人を改憲反対に含めれば、3分の2に10議席も足りないことになる。

「メディアが公明党を改憲勢力とカウントすることで、〈あと4議席〉という報道になり、改憲派を勢いづかせることになっている。公明党には改憲に慎重な議員が多く、改憲の中身も環境権や知る権利など安倍首相が訴えている自衛隊の明記などとは質が違います。メディアは改憲勢力の報じ方を改めるべきです」(立正大名誉教授・金子勝氏=憲法)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  7. 7

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る