小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

安倍首相は「改憲」で何をしたいのか?が伝わってこない

公開日: 更新日:

 今回の参議院選挙の際に、安倍首相は有権者に対して「改憲論議をする(進める)政党か否か?」を判断基準にするように訴えた。

 しかし、改憲が必要だと首相が思い詰めていることは既によく分かっているのだが、その首相が改憲により何をしたいのか? が、いまだにはっきり伝わってこない。

「『自衛隊』という文言を憲法典に書き加えることにより、自衛隊違憲論が出ないようにしたい」「自衛隊の役割は今と少しも変わらない」「憲法9条の下の専守防衛の原則は変わらない」などと、首相は度々力説してきた。

 確かに、憲法典の中に「自衛隊」という単語を明記してしまえば、その言葉自体は違憲ではなくなる。しかし、現行の9条2項(「戦力」の不保持+「交戦権」の不行使)が残る以上、自衛隊が海外で戦争に参加すること(つまり海外派兵)の違憲性の問題は残り続けるはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  8. 8

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  9. 9

    <8>市試算でコスト増218億円 職員嘆くブラック、ハリボテ

  10. 10

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

もっと見る