官邸周辺が警戒…これから始まる“れいわ・山本太郎つぶし”

公開日: 更新日:

 参院選が終わった後も、街頭演説に1000人の聴衆が殺到するなど、熱い支持を集めている「れいわ新選組」。山本太郎代表は、次の衆院選には「候補者100人を擁立する」と宣言している。この先、野党再編の中心になるのは間違いない。山本本人も、本気で政権を取りにいくつもりだ。だからだろう、警戒を強める安倍首相周辺は、さっそく“れいわつぶし”に動き始めている。

 重度障害があるれいわの参院議員2人が、議員活動中に必要な介助費用を参院が当面負担することについて、自民党の小野田紀美参院議員は〈これは議員特権になりませんか…?〉とイチャモンをつけている。維新代表の松井一郎大阪市長も「公的補助を受けずに電車通勤している全盲の職員もいた。危険だが、努力で克服していた」と介助の動きに水を差した。

 なんとか“れいわ旋風”を止められないか。安倍応援団は、山本代表にまつわるネガティブ情報を必死になって探しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る