「表現の不自由」展中止に抗議 憲法の専門家らも声明出す

公開日: 更新日:

 愛知県が主催する国際芸術祭の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった一件。従軍慰安婦を表現した少女像の展示などをめぐって“政治の圧力”があったことに、美術評論家連盟や日本出版者協議会などが、憲法21条で保障される「表現の自由」の封殺だとして声を上げているが、11日、憲法の専門家である研究者らも抗議の声明を出した。賛同者は89人に上っている(12日現在)。

<「あいちトリエンナーレ2019」における河村市長・菅官房長官の「表現の自由」侵害行為に抗議する憲法研究者声明」>では、河村名古屋市長が「国民の心を踏みにじるもの」などと発言して企画展中止を求めたことと、菅官房長官が文化庁の助成事業になっている芸術祭について、「補助金交付の決定にあたっては事実関係を確認、精査したうえで適切に対応していく」などと発言したことを問題視している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る