北朝鮮SLBM発射実験準備か 米シンクタンクCSISが分析

公開日: 更新日:

 膠着する米朝協議や米韓合同軍事演習に反発し、この1カ月で短距離弾道ミサイル発射を7回も繰り返している北朝鮮は核・ミサイル開発を着々と進めているようだ。

 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は28日(現地時間)、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮が東部新浦の造船所でSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)搭載用とみられる新型潜水艦を建造し、SLBM発射実験の準備を進めている可能性があるとする分析結果を発表。「攻撃に耐え得る核戦力を構築する動きで、完全非核化の可能性を低下させる」と指摘した。

 一方、米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は衛星写真に基づき、北朝鮮南部平山のウラン精鉱(イエローケーキ)製造施設周辺で施設からの廃棄物で環境汚染が広がっていると分析し、「北朝鮮が核兵器のための高濃縮ウラン製造計画を継続し、優先していることを示唆している」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る