目玉は進次郎というお寒い組閣 こんな内閣が持つのか<上>

公開日: 更新日:

 令和の新時代の国づくりを力強く進めていく布陣――。安倍首相はこう言って胸を張ったが、一体どこが、である。ちゃんちゃらおかしい。小泉進次郎環境相が目玉というお寒い内閣じゃないか。

 11日発足した第4次安倍再改造内閣。記者会見した安倍は、自ら「安定と挑戦の内閣」と命名。過去最多の13人が新入閣という数の多さを自賛し、閣僚一人一人の経歴や実績を掲げ、「自民党は老壮青、人材の宝庫」「大胆な改革に挑戦する」と悦に入っていた。

 だが、新閣僚の面々を見渡してみれば、安倍の茶坊主がズラリ。萩生田光一文科相と西村康稔経済再生相は、安倍政権の官房副長官経験者。衛藤晟一1億総活躍相、江藤拓農相、河井克行法相は首相補佐官だった。さすがに自民党内でも「お友達ねぎらい内閣」と酷評されている。

 再登板の高市早苗総務相と加藤勝信厚労相も安倍のお気に入り。茂木敏充外相に至っては、ベタ降りした日米貿易協定でトランプ大統領を喜ばせた“論功行賞”なのだから唖然である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  10. 10

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

もっと見る