公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

公開日: 更新日:

 前夜祭の主催は「あべ晋三後援会」で、会費は1人5000円だ。

 前夜祭も「桜を見る会」も、事務所や後援会が招待客を取りまとめていたのは明々白々。リッパな政治活動にもかかわらず、政治資金収支報告書に全く記載がないのだから、政治資金規正法違反、公選法違反の疑いがますます強くなってくる。

■公金でも私的な政治資金でもアウト

 安倍首相の周辺は「会費制だから問題ない」とか言っているようだが、前夜祭が行われたのは民放番組で貸し切り料金が900万円と紹介された「ホテルニューオータニ」の「鶴の間」だ。会場では「久兵衛」の高級寿司が振る舞われ、シャンソン歌手が登場する場面もあったというから、とてもじゃないが5000円の会費では足りない。


 安倍事務所や後援会が費用を捻出していたとすれば、後援会の観劇ツアー費を補填した疑いで経産相辞任に追い込まれた自民党の小渕優子氏と同じ。安倍首相の場合、翌日に税金で賄われた物品が参加者に提供されているだけに、小渕氏以上に悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る