ゴーン被告は黒い音響ケースで出国 8日午後10時に会見予定

公開日: 更新日:

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡の経緯が判明してきた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(3日付電子版)は、ゴーン被告が身を潜めていたとする音響機器の運搬に使う大型の黒いケースの写真を掲載。ケースはトルコの航空会社MNGジェットがイスタンブールの空港で発見し、呼吸できるように穴が開けられていた。

 関西空港からトルコのイスタンブールに飛んだプライベートジェットの機体後方の中央通路に押し込まれていた。プライベートジェットの荷物は保安検査が義務付けられていないことから、すんなり通ったとみられる。MNG従業員は、ケースの1つがゴーン被告の移送に使われたとトルコ当局に説明したという。

 6日の読売新聞によると、ゴーン被告がベイルートの空港に到着した際、治安当局の高官らが出迎え。ゴーン被告はその後、アウン大統領とも面会したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る