ゴーン逃亡、謎と今後 世紀の「痛快大脱走」に世界が興奮

公開日: 更新日:

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴され、保釈中だった日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡に世界中がブッたまげている。日産社用機で乗り付けた羽田空港で東京地検特捜部に逮捕されてから13カ月。2度目の保釈から8カ月。身を寄せていた都内の高級住宅に設置された監視カメラをかいくぐり、関西空港の出国審査をすり抜け、プライベートジェットでトルコのイスタンブールに飛び、さらにベイルートまで高飛びした。

 仕事納めを済ませ、来る年に思いを寄せていたであろう大晦日、ゴーン本人の「私はいまレバノンにいる」との声明でマサカの事実を知ることになった弁護団の弘中惇一郎弁護士は「寝耳に水という感じでびっくりしているし、当惑している」。まさにハトが豆鉄砲を食らったような表情だった。ブラジルに生まれ、レバノンやフランスで育ったゴーンはこの3カ国から計4通の旅券を発給されている。保釈条件として海外渡航は禁止され、弁護士が旅券を管理することになっていた。ところがゴーンが日産をクビになって在留資格証明書を失ったため、入管法上、旅券の携帯義務が生じ、東京地裁が中身の見える鍵付き透明ケースに入れた仏旅券1通の携帯を認めたという。これが裏目に出てゴーンは日本を脱出し、仏旅券とレバノンの身分証明書でベイルート入りしたわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る