ゴーン逃亡劇は日本側の凡ミスの連鎖…国外脱出の内幕

公開日: 更新日:

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴され、保釈中だった元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡していたという衝撃的なニュースが流れてから、1週間が経った。

 これまでの報道を総合すると、ゴーン被告の逃亡は計画な緻密に基づいたというより、逃げようと思えば簡単に逃げられた日本側のずさんな監視体制が見えてくる。

 日本国内でゴーン被告の姿が最後に確認されたのは、19年12月29日の昼過ぎのこと。ひとりで港区の自宅から外出する姿が玄関付近の防犯カメラに写っていたが、それを最後に自宅に戻ってくることはなかったという。

「ゴーンさんが時折、散歩している姿を見かけましたが、お嬢さんとか身の回りの世話をされている方など常に誰かと一緒でした。ひとりで歩いている姿を見たことはありません。それ以外だと、外出時は大抵、いつも同じ運転手付きの黒いミニバンが迎えに来ていましたね」(近所の住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る