溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組「特定抗争指定暴力団」で移動中の組長は殺される

公開日: 更新日:

 6代目山口組と神戸山口組を対象とした「特定抗争指定暴力団」への指定は7日、官報に公示され、いよいよ適用される。

 暴力団の受け止め方は「案外ぬるい。これなら対応できる」というものから、「車での移動がきつくなりそう。苦労させられるんじゃないか」まで、さまざまだ。

 6代目系の中堅幹部が言う。

「兵庫県は神戸市、尼崎市、淡路市、姫路市だけが指定される。ということは、明石市で集会をもてば50人が集まってもオーケーだろう。大阪は大阪市と豊中市だけの指定だし、愛知県は名古屋市だけ。指定地を外せば、寄り合いができる場所はごまんとある。指定期間は3カ月というけど、3カ月後、これじゃいかんといって、より強化されるのかね」

 これとは逆に、別の中堅幹部は楽観視していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る