溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組「特定抗争指定暴力団」で移動中の組長は殺される

公開日: 更新日:

 6代目山口組と神戸山口組を対象とした「特定抗争指定暴力団」への指定は7日、官報に公示され、いよいよ適用される。

 暴力団の受け止め方は「案外ぬるい。これなら対応できる」というものから、「車での移動がきつくなりそう。苦労させられるんじゃないか」まで、さまざまだ。

 6代目系の中堅幹部が言う。

「兵庫県は神戸市、尼崎市、淡路市、姫路市だけが指定される。ということは、明石市で集会をもてば50人が集まってもオーケーだろう。大阪は大阪市と豊中市だけの指定だし、愛知県は名古屋市だけ。指定地を外せば、寄り合いができる場所はごまんとある。指定期間は3カ月というけど、3カ月後、これじゃいかんといって、より強化されるのかね」

 これとは逆に、別の中堅幹部は楽観視していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る