ビジネスマン時代にトラブル 敵対の原因はトランプの私怨

公開日: 更新日:

 トランプ大統領の“イラン嫌い”は、筋金入りだ。なにしろ大統領に就任する前からイランを攻撃している。

 2012年の時点で、「イランをぶっ壊し、石器時代に逆戻りさせる」と発言し、2015年には「イランをぶっ飛ばし、核開発能力を木っ端みじんにする」と言い放っている。そして今年(2020年)1月5日には「イランの52カ所の歴史的文化遺産を吹き飛ばす」と、とんでもない暴言を吐いている。日本では大きく報道されていないが、最後の発言には、さすがにユネスコも反発し、アメリカ国内でもトランプ大統領をいさめる声が高まり、各地で反トランプのデモが展開されている。

 1955年にアメリカとイランは友好条約を締結しており、いまだに破棄されていない。そのため、2018年10月3日、ハーグの国際司法裁判所は「アメリカによる対イラン経済制裁は条約違反にあたる」と全会一致で裁定を下している。この点も日本のメディアは触れようとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る