ビジネスマン時代にトラブル 敵対の原因はトランプの私怨

公開日: 更新日:

 トランプ大統領の“イラン嫌い”は、筋金入りだ。なにしろ大統領に就任する前からイランを攻撃している。

 2012年の時点で、「イランをぶっ壊し、石器時代に逆戻りさせる」と発言し、2015年には「イランをぶっ飛ばし、核開発能力を木っ端みじんにする」と言い放っている。そして今年(2020年)1月5日には「イランの52カ所の歴史的文化遺産を吹き飛ばす」と、とんでもない暴言を吐いている。日本では大きく報道されていないが、最後の発言には、さすがにユネスコも反発し、アメリカ国内でもトランプ大統領をいさめる声が高まり、各地で反トランプのデモが展開されている。

 1955年にアメリカとイランは友好条約を締結しており、いまだに破棄されていない。そのため、2018年10月3日、ハーグの国際司法裁判所は「アメリカによる対イラン経済制裁は条約違反にあたる」と全会一致で裁定を下している。この点も日本のメディアは触れようとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る