中国の新型肺炎、日本で初確認 神奈川在住30代中国人男性

公開日: 更新日:

 中国中部の湖北省武漢市でコロナウイルスによるとみられる新型肺炎の発症が相次いでいる問題で、日本国内で初めて感染患者が確認された。

 武漢市への渡航歴がある神奈川県内に住む30代の中国国籍の男性で、日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査を受けた結果、新型肺炎の陽性反応が出たという。厚生労働省が16日、明らかにした。

 武漢市ではこれまでに41人が新型肺炎に発症し1人が死亡、6人が重症となっている。同市の衛生当局は15日、「限定的だが、ヒトからヒトに感染する可能性は排除できない」との見解を明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る