謎の新型肺炎ついに日本に…有害性増すウイルス変異の恐怖

公開日: 更新日:

 甘く見ていないか――。中国の湖北省武漢市で感染が相次ぐナゾの新型ウイルス性肺炎。厚労省は16日、武漢市に滞在歴がある神奈川県在住の中国籍の30代男性の感染を確認したと発表した。武漢市では41人から新型のコロナウイルスが検出され、2人が死亡、5人が重症だが、ついに日本国内で初めて感染者が確認されたのだ。

 当初、人から人への感染は否定されていたのに、この男性は現地で感染者と接触したため感染した。大きな脅威にみえるが、政府や県はなぜか鈍感。16日の会見では不安の打ち消しに終始した。

 厚労省は「通常の生活をしている人が感染するリスクは現時点で極めて低い」と強調し、神奈川県は「過剰に心配する必要はない」と訴えた。菅官房長官は「万全の態勢をとる」と言ったが、やっているのは注意喚起や検疫を強化する程度なのである。医学博士の米山公啓氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る