後手後手の新型コロナ対策 インバウンド重視で初動遅れか

公開日: 更新日:

「こんなことを言いたくはないが、安倍総理には危機管理能力が欠如しているのが明らかになった」――。作家の百田尚樹氏がツイッターでこう嘆くほど、新型コロナウイルスへの政府の取り組みがひどい。後手後手かつ場当たりな対応に批判噴出だ。

 安倍首相は31日、新型コロナウイルスを「指定感染症」とする政令の施行日を今月7日から1日に前倒しし、14日以内に中国・湖北省に滞在した外国人の入国を拒否する方針を表明。WHOの緊急事態宣言を受けての措置だと説明しているが、「のんびりし過ぎ」という世論の批判を気にしたのだろう。

「施行まで“空白期間”ができることに国民の不安が高まっていたのに、前日まで『人権上の問題があるため周知期間を置く』と、7日施行の方針を変えようとしなかった。前倒しできるのなら、なぜもっと早くしなかったのか。武漢から退避する際のチャーター機運賃を政府負担にする意向も同時に発表しましたが、決断が遅すぎる。そもそも、先月16日に国内で初めて新型肺炎患者が確認されても、政府の反応は鈍かった。ちょうど春節(旧正月)の時期を控え、中国人訪日客の大量入国が見込まれていたにもかかわらず、有効な対策を講じようとしなかったのです。官邸が安全対策よりインバウンドを重視したのではないかという見方も出ています」(自民党ベテラン議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に