後手後手の新型コロナ対策 インバウンド重視で初動遅れか

公開日: 更新日:

「こんなことを言いたくはないが、安倍総理には危機管理能力が欠如しているのが明らかになった」――。作家の百田尚樹氏がツイッターでこう嘆くほど、新型コロナウイルスへの政府の取り組みがひどい。後手後手かつ場当たりな対応に批判噴出だ。

 安倍首相は31日、新型コロナウイルスを「指定感染症」とする政令の施行日を今月7日から1日に前倒しし、14日以内に中国・湖北省に滞在した外国人の入国を拒否する方針を表明。WHOの緊急事態宣言を受けての措置だと説明しているが、「のんびりし過ぎ」という世論の批判を気にしたのだろう。

「施行まで“空白期間”ができることに国民の不安が高まっていたのに、前日まで『人権上の問題があるため周知期間を置く』と、7日施行の方針を変えようとしなかった。前倒しできるのなら、なぜもっと早くしなかったのか。武漢から退避する際のチャーター機運賃を政府負担にする意向も同時に発表しましたが、決断が遅すぎる。そもそも、先月16日に国内で初めて新型肺炎患者が確認されても、政府の反応は鈍かった。ちょうど春節(旧正月)の時期を控え、中国人訪日客の大量入国が見込まれていたにもかかわらず、有効な対策を講じようとしなかったのです。官邸が安全対策よりインバウンドを重視したのではないかという見方も出ています」(自民党ベテラン議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る