コロナショック拡大「日本の医療」求め中国人大挙の可能性

公開日: 更新日:

 日に日に拡大する新型コロナウイルスによる肺炎感染者。全世界で感染者は2002~03年に蔓延した「重症急性呼吸器症候群」(SARS)を超えてしまった。“震源地”の湖北省武漢市からは、既に多くの中国人が脱出している。パニック状態の中国全土から、今後、日本に大挙して向かってくる可能性がある。

■“震源地”から離散した500万人の行方

 人けがなく閑散としている人口1100万人の武漢市。事実上の封鎖状態になる前に、500万人が市外に出たとされる。「中国国内では500万人の行方に注目が集まっている」(在中ジャーナリスト)という。

 中国メディアの分析では、1月10~22日に6~7割が省内の別の都市や周辺の河南省、安徽省などに向かった。航空機の移動をもとにした調査では、昨年12月30日から1月22日に約6万人が北京に向かったという。国外に“脱出”したとみられる人も大勢いる。移動先については、タイやシンガポールに加え、日本も名前が挙がっている。成田空港には約9000人が移動した可能性があるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る