姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)を今年1月出版。

武漢では飛び降り自殺者も…SNSで発信される断末魔の叫び

公開日: 更新日:

 中国のSNSではさまざまな動画、画像、コメントが発信されている。2003年のSARS禍と明らかに違うのは、現場の「見たまま聞いたまま」が瞬時に拡散される点だ。中国の医療現場は阿鼻叫喚の生き地獄にある。

 春節前の大晦日に当たる1月24日、病棟で治療に当たる医師が、電話に向かってヒステリックにわめき散らしている。語調は強いが、まるで言葉になっていない。辛うじて聞き取れるのは「家に帰してくれ! もうやってられない!」。

 電話の相手は上司に当たる人物か。不休不眠の勤務続きで、精神錯乱に陥る医師を同僚が動画に収めたようだ。

 同25日、こんなコメントが拡散される。「シャーッという音がしたと思ったら、患者の家族が医師の防護服を引き裂いていた」。自分の家族は死に瀕しているが、医師は生きている。その明暗を分ける防護服を破り、医師に「一緒に死んでくれ」と詰め寄る家族はもはや半狂乱状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る