姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)を今年1月出版。

感染源とされる「武漢卸売市場」に古手川祐子似美魔女の影

公開日: 更新日:

 新型肺炎ウイルスの感染源とされ、世界的にその悪名をとどろかせたのが「武漢華南海鮮卸売市場」。こうした卸売市場は中国全土にある。肉や魚の独特な臭気、路地に散乱する生ゴミ――不衛生だが、市民の台所として重宝された。

 近年の再開発の中で徐々に姿を消していく卸売市場だが、武漢のそれは交通至便の好立地であり、今なおターミナル駅である漢口駅の近くに存在し続ける。東京ドームほどの敷地内では、タヌキやアナグマ、ハクビシンが生きたまま白昼堂々売買されていた。野生動物の捕獲や売買、経営が禁止されているにもかかわらず、だ。

 卸売市場を経営しているのは「余一族」である。余祝生(58)が築き、その子らが事業を継ぐ。数少ない報道が伝える人物像は、「余祝生は土地も金も持っているが、小学校すら出ておらず、頻繁にマカオのカジノを往復する無類の賭博好き」というもの。親分肌で「兄貴、兄貴」と呼ばれていたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る