姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

感染源とされる「武漢卸売市場」に古手川祐子似美魔女の影

公開日: 更新日:

 新型肺炎ウイルスの感染源とされ、世界的にその悪名をとどろかせたのが「武漢華南海鮮卸売市場」。こうした卸売市場は中国全土にある。肉や魚の独特な臭気、路地に散乱する生ゴミ――不衛生だが、市民の台所として重宝された。

 近年の再開発の中で徐々に姿を消していく卸売市場だが、武漢のそれは交通至便の好立地であり、今なおターミナル駅である漢口駅の近くに存在し続ける。東京ドームほどの敷地内では、タヌキやアナグマ、ハクビシンが生きたまま白昼堂々売買されていた。野生動物の捕獲や売買、経営が禁止されているにもかかわらず、だ。

 卸売市場を経営しているのは「余一族」である。余祝生(58)が築き、その子らが事業を継ぐ。数少ない報道が伝える人物像は、「余祝生は土地も金も持っているが、小学校すら出ておらず、頻繁にマカオのカジノを往復する無類の賭博好き」というもの。親分肌で「兄貴、兄貴」と呼ばれていたらしい。

 余祝生は昨年10月に2人目の妻・趙紅(54)と離婚したようだが、実はこの前妻が怪しい。前妻は1965年武漢市生まれ。98年に中国社会科学院研究生院を卒業し、余のファミリー企業である不動産会社「武漢華南置業集団」の総裁に就いた。同集団は卸売市場の親会社だが、再開発をめぐって市民の家を強制的に取り壊したことで訴えられたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍