少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

公開日: 更新日:

「検査希望者がたらい回しされたり、断られるケースが相次いでいます。加藤大臣の説明のような委託先の問題ではありません。国にやる気がないのです。厚労省傘下の国立感染症研究所と各地の保健所が検査の委託先をコントロールし、重症者だけしか受け付けないなど検査に高いハードルを課しています。まず、陽性者の実数を増やしたくない官邸の意向がある。また、感染研など厚労省側もウイルス検査の“ピンハネ利権”を維持したい。だから、民間を検査ビジネスに参入させ、野放しにさせたくないのです」

■韓国並み実施なら感染者5000人の計算

 安倍政権が検査に後ろ向きなのは、韓国の実施状況と比べれば一目瞭然だ。18日時点では日本の996件と同等の1054件だったが、その後、みるみる増やし、25日は7548件も実施している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  8. 8

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

もっと見る